パイナップル製のヴィーガンレザー『ピニャテックス』を取り寄せてみた

    世界中のトップブランドが注目するパイナップル製の革
    『Piñatex – ピニャテックス』のサンプルを取り寄せてみました。

    『ピニャテックスがどんな物か』という情報はありますが、
    実際どのように購入すればいいのかが
    書いていないサイトばかりだったので、
    今回は、実際に私が直接ピニャテックスのサイトから
    サンプルを購入した流れをまとめました。

    元革細工職人の私が実際に目で見て触った感想、
    本革との比較なども交えてお伝えしていきます。

    そもそもヴィーガンレザーってなに?

    ヴィーガンレザーの説明で使用される牛
    みなさんは『ヴィーガンレザー』という素材を知っていますか?
    vegan – ヴィーガン(またはビーガン)』というワードは、
    世界的に増加傾向にある『絶対菜食主義者』や『完全ベジタリアン』
    などと呼ばれる人々を表す言葉として、
    1940年代にイギリスで誕生しました。

    彼らは、動物の肉だけでなく、卵や乳製品、
    出汁に至るまで、徹底して動物性の物を(もちろん魚も)排除する
    食生活を送っています。

    彼らは「人間は動物を搾取することなく生きるべき」という
    ヴィーガニズム』という概念を持っています。

    そして、ヴィーガンという言葉から派生した素材
    『ヴィーガンレザー』は、動物の皮革を使用しない
    革の代替素材
    のことを差します。

    日本では一般的に『人工皮革』と
    呼ばれている部類に当たるでしょうか。

    本革を鞣す際に使用・排出される化学薬品による
    環境破壊や人体への影響などが世界中で
    社会問題になっている事を背景に、
    ヴィーガンである人々だけでなく、エコとしても
    注目されている素材なのです。

    廃棄されるパイナップルの葉で作る革『ピニャテックス』

    Piñatexウェブサイトより(https://www.ananas-anam.com/

    ピニャテックスは、皮革産業に精通していたスペイン人、
    カルメン・ヒホサ(Carmen Hijosa)の
    7年もの研究の成果として作られました。

    サステナブル(持続可能)な素材として、
    本来ゴミとして捨てられていたパイナップルの葉を
    加工した素材はまるで本革のシュリンクレザーのような見た目です。

    カルメン・ヒホサが共同創業者として立ち上げた
    イギリスロンドンの『Ananas Anam』という会社が製造し、
    唯一の販売窓口としてピニャテックスを購入することができます。
    Ananas Anamのウェブサイトはこちら

    サイト内にショッピングカートなどの買い物機能はなく
    問い合わせから購入手続きを行わなければなりません。

    まずはスウォッチカードというサンプルカタログを取り寄せ、
    質感や硬さ、色味などを確認することをオススメします。
    私もこのスウォッチカードを取り寄せてみました。

    ピニャテックスの種類

    PIÑATEX® ORIGINAL

    ピニャテックスのベーシックラインといったところでしょうか?

    色:8色
    組成:パイナップル80%、繊維20%
    幅:1.55m
    厚み:1.5~2mm

    値段(1m × 1.55m):
    PLUMA €45
    その他 €50

    ピニャテックス ORO


    ゴールドとシルバーの2色で素材感も2パターン

    色:金銀ではあるが、それぞれ色味が違うので実質4色
    組成:パイナップル80%、繊維20%
    幅:1.55m
    厚み:1.5~2mm

    値段(1m × 1.55m):
    その他 €58

    サンプル取り寄せ方法

    SWATCH CARD -スウォッチカードと呼ばれる
    サンプルカタログを購入するには、
    まずこちらのページから、スウォッチカードの購入数を選択し、
    【GO TO CHECKOUT】をクリックします。

    次のページで氏名や送付先を英語で入力します。
    送付先住所は日本の住所入力順序と逆に、
    番地→地名→市区町村→都道府県の順で入力します。
    記入の仕方がわからない方は、
    住所変換サイトを利用して、入力を進めていきましょう。
    参考:http://judress.tsukuenoue.com/

    ちなみに€25なので3000円ちょっとです。
    (1ユーロ=121円:6/3日現在)

    ロンドンからだと送料が高そうですが
    シッピングフリー(無料)で届けていただけました。
    クレジットカード決済のみが利用でき
    VISA、AMEX、MASTERが決済可能です。

    必要事項を入力し、
    PLACE ORDER】をクリックし発注完了です。

    実際どうなの?ピニャテックスの現物を革と比較してみた

    スウォッチカードはどんなもの?

    大きさはA5サイズでした。
    見開き1ページです。

    私が頼んだのは2019年2月ごろだったのですが、
    ORIGINALシリーズは4色しかありませんでした。

    ウェブサイトには

    • PEBBLE(カーキ系?グレー系?)
    • INDIGO(ブルー系)
    • CANELA(赤茶系)
    • PLUMA(ブラック&厚みが薄い)

    が表示されているので、取り扱う色が増えたのかもしれません。
    最近サンプルを頼んだ方がいたら情報ください。

    下の説明を読むと、ピニャテックスは水洗いができるようです。

    裏表紙にはピニャテックスの製品紹介や
    仕様、会社情報などが記載

    本革との違いは?


    見た目は、大きくランダムなシボ(シワ)が特徴の
    『アラバスタシュリンク』に似ていると思いました。

    通常、細かいシュリンクは型押しが多いですが、
    ドラムで回してシボをつけるような、
    ランダムでナチュラルなシボです。

    触った感覚は・・・牛革とは言えません。
    オイル感=しっとり感がありません。
    手触りが紙っぽい。
    実際にとても軽い素材ですが、
    触り心地もいい意味でも悪い意味でも軽い

    繊維質は、もっと『荒い、太い』のかと思っていましたが、
    思ったより細かい繊維質で引っ張りに強そうです。

    床(裏)面は、本革を再現したのか繊維がボソボソと
    毛羽立った状態です。

    本革の場合、トコノールやトコフィニッシュなどを
    塗って磨いて毛羽立ちを抑える事が多いので、
    個人的には毛羽立ちを抑える処理をして欲しかったです。
    でも、ナチュラルでクラフト感がある印象を
    持たせた商品づくりにはいいかもしれません。

    金銀の【ORO】シリーズの上部、
    『Flat Gold』と『Flat Silver』は
    他と比べて固いというかコシが強め。

    気づいた点があればまた追記します。

    ピニャテックスはあり?なし? → 個人的には『全然あり』

    『革素材』に強烈なこだわりが無いのであれば、
    素材の選択肢として全然ありです。

    正直、『革の代わりになるか?』と言われると疑問だが、
    他にはない手触りや雰囲気を楽しめるし、加工もしやすそう◎。

    また、革(一部を除く)にはできない
    水洗いができる点も評価できます。

    ピニャテックス以外にも、
    Grado Zero Espace社のキノコを培養して作るMuSkin
    Frumat社の産業廃棄物であるリンゴを加工して作るApple Leather
    など、様々なヴィーガンレザーが作られています。

    ツクリテラボでは、今後もピニャテックスや
    他のヴィーガンレザーの動向を、引き続き調査していきます。

    Tags: