BASEでは有料テーマを使おう【BASEで売ろうシリーズ】

    悩み

    • ウェブショップを出すのが初めてだけど、BASEってオシャレなサイトが作れるの?
    • BASEでもっと売れるようになりたい!
    • とりあえず無料テーマで作ってみたけど、無料テーマじゃダメなの?

    そんな悩みや疑問を解決します。

    なぜBASEでは【有料テーマ】が良いのか

    デザインが良い

    デザインが良いということは、『プロっぽさ』がユーザーに伝わり、信頼感に繋がります。
    オリジナルブランドを作った段階では、minne・Creema等で実績を相当数あげていない場合や、インフルエンサーでない限り、ショップオーナーやブランド自体は『信頼』を持っていないはずです。

    ウェブショップでは信頼がないと商品は売れません。

    BASEに限らず、ウェブショップ構築サービスの初期設定や無料テーマは、どれもシンプルすぎます。
    「素人っぽさ満載だけど、この店で買って大丈夫か?」と、直感で感じてしまう人が多いのではないでしょうか。

    実物に触れることができず、クレジット番号をや商品配送のために住所も入力するワケなので、ウェブでの買い物は実店舗での買い物よりも慎重になりやすく、心のハードルが高くなります。
    個人のお店なら特に、ユーザーを一瞬でも不安な気持ちにさせないように心がけることが大切です。

    もちろんサイト画像、商品写真、説明文などのクウォリティにも依存しますが、ウェブサイトの骨組みとして、有料テーマの多くが初めから『良く見るウェブショップらしさ』を備えているテーマが多く、外観で不安を感じるユーザーを減らせるはずです。

    ブランディングに繋げやすい

    ブランドはまさに『直感』が大切です。

    「高級そう」「洗練されている」「丁寧に作っていそう」「クラフトマンシップを感じる」「可愛い」・・・
    有料テーマは無料テーマよりも写真や文章を入れられるコンテンツが拡張されており、カスタマイズできる部分が多いので、よりブランドらしさを強調し表現でき、ユーザーに直感で感じ取っててもらいやすいと思います。

    作り手が『どんなブランドとして世に出したいか』『商品を通して伝えたいことはなんなのか』を再現性を持って伝えることができるはずです。

    テーマの選び方に注意!!

    有料テーマがどれでも言い訳ではありません。
    自分に最適なテーマを選ぶ上での注意点をまとめました。

    対応Apps(アプリ)

    BASEでは、ショップ内に付帯できる機能がApps(読み:アップス=アプリのこと 以下、アプリ)として、追加されていきます。
    例えば『Blog-ブログ』や『セール』といったアプリをインストールすることで有効化され、ブログを書いて表示したり、セールをおこなう機能が使えるようになるのですが、テーマによっては使えないアプリも存在します。
    上記画像のように『テーマ情報』の部分にアイコンで表示され、使えない機能はグレーアウトしています。
    アイコンをクリックすると、詳細なアプリ紹介ページに飛ぶので、機能を確認してみましょう。

    自分が使えないと困るアプリをピックアップして、テーマと照らし合わせてみましょう。

    モバイル対応

    ウェブ制作界隈ではレスポンシブ(レスポンシブデザイン)と言われますが、スマホやタブレット、PCなど、どの画面サイズで見ても最適化された(見やすい)デザインで表示する対応が取られているかが問われます。
    スマホの時代なのでほとんどのテーマは対応していますが、何年も前に作られ更新されていないテーマしっかりと確認してみてください。

    最終更新日

    BASEは、よりサービスの充実を図るために、頻繁にシステムやアプリが更新されています。
    そのため、最終更新日から現在までに時間が空いてしまっている場合、BASE側の更新箇所に対して、不具合が生じたり、アプリ対応が行われていない場合があります。
    今後も更新に期待できず、最悪使い物にならなくなる可能性も高いので、なるべく頻繁に更新されているテーマを選択しましょう。

    オススメの有料テーマ3選

    Natura ¥7,600


    出典:https://design.thebase.in/detail/50
    こちらのテーマの対応していないApps(アプリ)は『抽選販売アプリ』のみです。
    『抽選販売アプリ』はその名の通り、抽選の当選者のみに販売できるようにできるアプリです。アプリについて詳しくは→こちら

    TOPページにYouTube動画、ニュース/新着情報、ブログ等のコンテンツが埋め込み可能で、商品ページの『カートに入れる』ボタンの追従(PC)や下部固定(スマホ)が便利で、デザインも良く、ウェブショップとしてクウォリティがかなり高い仕様です。

    商品数、カテゴリー数が比較的多いショップの運用が合うのではないでしょうか?

    テーマを詳しく見る

    Stockholm ¥8,250


    出典:https://design.thebase.in/detail/43

    こちらのテーマも対応していないApps(アプリ)は『抽選販売アプリ』のみの、洗練されたデザインが魅力のテーマです。
    「自社のブランディングにぴったりと合う!」と思えるショップであれば、あまり悩む必要はなさそうです。

    商品カテゴリーが広くなく、同カテゴリー(家具、アパレル、革細工・・・など)に統一されたショップがいいかもしれます。

    テーマを詳しく見る

    miim ¥9,800


    出典:https://design.thebase.in/detail/66

    対応していないApps(アプリ)は『英語・外貨対応アプリ』のみで、デザインもよく、更新頻度も高いオススメのテーマです。
    オススメ商品、新着商品、期間限定セール、注目カテゴリーといった、季節や期間によってサイトに動きをプラスするためのバナー画像を入れられる場所も確保されており、リピーターにも飽きさせないサイト運用ができる点も◎です。

    商品数(カテゴリー数)が多くても少なくても使える、非常にバランスが良いテーマだと感じます。

    テーマを詳しく見る

    画像制作はプロ・セミプロに任せよう

    売れるサイトは画像も綺麗です。
    サイトのトップ画像やカテゴリー画像、セール画像など、ウェブサイトには商品画像以外にも、たくさんの画像を使用します。

    もちろんパソコンソフトやスマホのアプリで、作ってしまうのも構いませんが、やはりプロのデザイナーとの差は歴然です。

    「でもデザイナーに頼むのって高いでしょ・・・?」という方に『ココナラ』というサイトがオススメです。

    ココナラは、『知識・スキル・経験を売り買いできるフリーマーケット』で、
    簡単に説明すると、悩みを解決したい人や仕事を依頼したい人と、知識やスキルを持った人や仕事を請け負いたい人をマッチングしてくれるサービスです。
    デザイン制作会社などに依頼するより断然安く頼めますし、占いや恋愛相談、似顔絵制作、ウェブサイト制作、確定申告の依頼・・・など、多種多様なカテゴリー&サービスがあります。

    決済もココナラが仲介してくれるので、トラブル時も安心です。

    例としてこんなサービスなどがたくさんあります。
    →→→サービス名『シンプルなヘッダー・バナー低価格でデザインします』

    まずは、下記の画像バナーから無料登録して、たくさんあるサービスから、自分に合った人やサービスを見てみましょう。