ハンドメイドイベントやクラフトフェアに出店する際、
必要となる備品は各イベントにより異なります。
特に野外イベントであれば、備品の中でも
高額かつ最大・最重量級の
タープテント』が必要になる場合が多いです。

イベント運営からレンタルできない場合は、
自分で用意しなければなりません。

私は何度も野外イベントにも出店しておりますので、
もちろん、イベント出店用のタープテントを保有しています。

出店し始めた頃は『タープテントはあればなんでも良い』と思い
こだわらずに軽い気持ちでホームセンターで
購入しましたが、今では大きな失敗
と感じています。

なぜ、私のタープテント選びは『失敗』と感じたか?
では、『オススメはどんなテントなのか』を今回は説明します。

イベント出店に最適なタープテントとは?

先に結論を述べると、イベント出店にオススメのタープテントは、
2.5m × 2.5m カラーは白』です。

もちろん2.0m四方のブースのイベントもあるので、
自分が出たいイベントをピックアップして確認してから購入しましょう。

私の場合は、
イベント出店だけでなくBBQなどのアウトドアでも使用して、
元を取ろうと必死なので、2m四方だと若干窮屈に感じています。

ちなみに赤やオレンジなどの暖色系だと、
日光に当たるとタープテントの色の影がテント内に投影され、
商品の色味が変わってしまいますので、
あまりオススメできません。

店頭ではほとんど見かけない『白い』タープテントは、
ネットでの購入がオススメです!
ネットで見つけたオススメタープテントをご紹介します。
※野外イベントでの使用は雨風を受ける場合も多く、
強度が必要なため、ノーブランドの安物は避けましょう。

安心の日本アウトドアブランド【キャプテンスタッグ】 ワンタッチテントタープ 2.5m×2.5m

アウトドア好きなら知らない人はいないであろう『キャプテンスタッグ』のテントタープです。

日本のテント専門業者【シナノトレーディング】 イベントテントFit 2.5×2.5m

イベントや企業ブースなどのオリジナルテントを手がけているテント専門業者の株式会社シナノトレーディングなので安心感があります。
柱まで白で統一感があります。

マスターキャノピー(MASTERCANOPY)ワンタッチタープテント サイドシート一枚セット

ブランドを気にしない&お値段重視思考ならマスターキャノピーはいかがでしょうか。
サイドシートが付属しているので、店の裏側の目隠しや日陰を作れるので重宝します。
さらにイベント出展では欠かせない『ウェイト(バッグ)』もついているのもありがたいですし、トップに風抜け用のベンチレーションがついているので、風邪対策も◎

テント選びに失敗した私が思う「イベント出店用タープテントは絶対に白色!!」

私はタープテント選びで2回も失敗しました。
野外イベント出店に慣れてから購入したり、最初から周りの出店者を見て研究していれば失敗することは無かったでしょう。

しかも、2つの理由で失敗だと感じています。

「イベント出店用のタープテントの購入を考えている」
という皆さまは、私を反面教師にして必ず 2.5m四方の白色を購入しましょう。泣

私が失敗したと感じる理由①:テントの大きさ

私が初めてイベントで出店したのは、規模が大きい野外フェスのクラフトブースでした。
ブースの1区画が3.5m × 4.0mほどあり、あまり深く考えずに近くのホームセンターで青色3m四方のタープテントを購入して出店に望みました。

初出店にも関わらず売り上げも良く、何よりイベント出店が楽しかったので、直ぐに次回のハンドメイドイベントを探し出しました。
そこで、イベント出店ブースの規格は2.5m×2.5mが多いということを初めて知ります。
もちろんイベントによっては3m四方のブースもありますが、比較的、広い公園や大型イベントに限られると思います。

そう、3m四方のタープテントを購入してしまったせいで、
『野外イベントは、ブースの大きさが3m四方以上のイベントを選ぶ』
という制限を自身で課してしまっている事に気付きます。

「よし、出店の幅を広げねば!」と考え、またまた最寄りのホームセンターにて、今度は緑色
2.5m四方のテントも新たに購入しました。

仮に3m四方のブースに、2.5m四方のタープテントを設置した場合でも、
両側で25cmしか余らず、左右どちらかに寄せて
空いたスペースに看板や小さな棚などを置いて商品などをディスプレイすればいいので、ブースに対してテントが小さくても、全く問題ありません。

これでようやく私は2.5m〜のブースのイベントに
出店することができるようになりました。

私が失敗したと感じる理由②:テントの色

2つのタープテントを駆使し積極的に出店していた私は、県外の野外ハンドメイドイベントへの出店が決まりました。
宿泊になり荷物が増えるため、できるだけ荷物を減らしたかった私は、初めて備品として運営からテントを借り、イベントに出店。

搬入のため会場に到着した時には既にタープテントがブースに設置されていたので、早速、出店準備を進めていくと・・・




・・・・!!!


あることに気がつきました。

テント内がめちゃめちゃ明るい!! 神のお告げか!?」

そうです、テントの天幕の色は白。
アウトドアでは汚れが目立ちやすく嫌煙される『白』ですが、イベント出店時は、柔らかい日光の光がテント内にも入ってきて、商品を照らしてくれていたのです。

さらに、白のタープテントでも紫外線はカットできるシート素材の物が多く、熱を吸収し溜め込む濃い色よりも、涼しく快適です。

何より、外からブースを見てみても、タープが白色だと、店の雰囲気がとても明るく感じます。
少し離れた場所からでも商品やディスプレイがとても目立ちます。

出店の様子を比較してみよう

【参考画像】濃い色のタープテントを使ったブース

紫外線カット率は濃い色の方が高いそうですが、
白と比べるとブース全体が暗い印象になります。

商品やディスプレイとのまとまりもなく、遠目から見たときも目立ちづらい。

【参考画像】白いタープテントを使ったブース

白のタープなら『色』で商品を邪魔されず、
什器やディスプレイと色合いも合わせるやすくなるため、
一気に統一感が増し、商品も際立ちます。

ご覧のようにテント内が非常に明るく、少し離れていても商品を見やすいのです。
また、テーブルや什器の色とも合わせやすく、商品との統一も出せることからブランディングにもつながります。

ぜひ次回出店時の参考にしてください!